憧れのマイホームは人の縁と信頼の結晶

これまでは賃貸マンションや戸建住宅などさまざまなタイプの家に住んでいましたが、熊本地震で一時休止はしたものの、新居計画を再開する頃には理想の新居のイメージが明確にありました。

新居を建てるなら分譲地がいいなと思っていたんです。同世代の家族も多くて、周囲の環境も整備されているので、住んでいて安心できます。

コンフォートハウスのスタッフと同級生であったことや、主人の職場の先輩も同じく同社で建てていて、実際に見に行かせてもらって”こんな家に住みたいな”と思えましたし、親に相談しても反応が良かったのでコンフォートハウスを選びました。

前代未聞の雲梯付LDKは、 わが家のシンボル的存在に

打合せも終始アットホームで、細かいオーダーにも丁寧に耳を傾けてくださったので打ち合わせもスムーズでしたね。

家は3回建てないと満足いくものは出来ないというけど、私たちにとっては最高の家が出来ました。

—筋トレが日課のご主人の発案で、LDKに雲梯を設置。今では訪れる友人たちが必ず一度は挑戦する、S様邸のシンボル的存在になっているそう―

建てたばかりの頃は、雲梯のバーをつかむ事しかできなかった娘も、今では自力でぶら下がれるようになりました。日を追うごとにだんだんと雲梯が上手になる姿を見ると、娘の成長を日々実感します。

熊本市東区

熊本市東区 S様邸

自由な遊び心を忍ばせた住まい

建物情報 4LDK+テラス
面積 [敷地面積]275.18㎡(83.24坪)
[延床面積]109.10㎡(33.00坪)

その他のインタビュー

Page Top